映像シアターシステムの内容です。詳しくは、館でご覧ください。
坊ケ池の伝説
 ― 竜神の棲む池 -
櫛池隕石落下物語  (歴史編)
櫛池隕石の秘密   (科学編)
昔々、山の村に仲良しの夫婦がおりました。
かかあの おつうが夢でやさしい竜神に出会った後、坊太郎という男の子を授かりました。
坊太郎は釣りが好きで、毎日山の池に出かけていました。ところが、ある日、坊太郎は帰ってきません。・・・
1920年(大正9年)9月16日、夕方6時半ごろ轟音と共に大火球が櫛池村(現上越市清里区)に落下しました。
あまりの激しさに、「飛行機が爆弾を落とした。」「さわっちゃなんねえ。」と大騒ぎになりました。

詳しくはこちらです
 
地球にまで達する隕石は、ごくまれです。
しかしそれらの多くが、結晶生成年代として45億年を示すことや、飛行軌跡が小惑星帯にいたること、化学組成や鉱物組成が地球に近いことなどから、隕石は地球と似た起源を持つ太陽系物体と考えられています。
こうした隕石を分析することは、地球の成り立ちを解き明かす上で、きわめて貴重なことです。
詳しくは、こちらです