Q1 星のふるさと館へアクセス方法を教えてください。

A1 星のふるさと館へは、バスがきておりません。そのため自家用車にならざるを得ません。自家用
   車の場合には、国道18号線(上新バイパス)今池交差点(清里・星のふるさと館の看板あり)で
   左折(妙高市方面の場合)します。
   左折後は、どんどん直進してください。車で約20~30分かかります。
   今池交差点の看板は、HPの交通アクセスの所に写真入りであります。参考にしてください。
   また、県道 新井・柿崎線で来られる場合は下稲塚交差点(セブンイレブンあり)を左折(上り
   の場合)してください。車で星のふるさと館まで15分程度です。詳細はこちらををご覧ください。
   館へ来るまでの所々に「星のふるさと館」の標識も立ててあります。

Q2 プラネタリウムは、何時からありますか。

A2 プラネタリウムの一般投影時間は、曜日によって違います。土日や祝日の日には次の時間に投影
   をしています。
             午前 11:00~11:50(50分間)
             午後  1:30~ 2:20
                  3:00~ 3:50

   なお平日は、  午後  1:30~ 2:20
                  3:00~3:50   の2回 です。

   又、上記以外の時間でも、臨時に投影することがあります。また夏休み期間中は、上記時間以外
   にも投影いたします。事務室にご相談ください。
   プラネタリウムの番組の内容や料金等については、こちらをご覧ください。

Q3 子供会等で星のふるさと館へ行きたいのですが、バスで送り迎えしていただけますか。

A3 星のふるさと館は、バスをもっておりません。そのため送り迎えをすることができません。
   星のふるさと館の利用の場合は、利用団体等で車のお手配をお願いします。

 

Q4 子供会等で行くとき星のふるさと館で、どんなことができますか。

A4 当日の天候にもよりますが、晴れていれば、昼間は太陽の黒点・プロミネンスを見ることができます。
   また、日中でも大型望遠鏡(新潟県一)を使って青空の中に光っている恒星や惑星を見ることができ
   ます。晴雨にかかわらず、プラネタリムはいつでも見ることができます。
   他に、館内の見学や天文工作として、星座早見盤、星座早見缶、日時計、望遠鏡製作、月球儀の製作
   等いろいろできます。ただ工作は、実費がかかります。いずれにしても下見または電話等でご相談下
   さい。なお、このHPの施設紹介や利用案内・事業紹介・イベント・湖畔案内等を参考にして下さい。

Q5 土曜日の夜しか星を見せて頂けないのですか。

A5 原則的には、金曜・土曜日の夜7時~10時(10~11月 夜6時~9時)まで一般公開をしています。
   なお連休や特別の天文現象があるとき等にも臨時に開館します。
   その他、他の夜でも、5人以上の参加があれば特別に夜、観望会をいたします。その場合には
    事前に予約をしてください。この場合、入館料の他に大型望遠鏡の使用料として、1時間2000円
   をいただくくことになっております。

Q6 星のふるさと館で宿泊や簡単な食事をつくることができますか。

   宿泊や食事をつくることはできます。宿泊は、20人まで可能です。館での宿泊代は大人一人2000円、
   子供一人1000円です。学校行事や部活動(科学部等)で宿泊される場合は、上越市内に限り全額免
   除になります。
   食事は、給湯室でつくることができますので、グループで食材を用意されて調理して下さい。鍋・釜・食
   器・冷蔵庫等は備え付けてあります。自由に使用してください。
   子供会によっては、事前に家庭で下準備をされて、星のふるさと館で煮炊きのみをされる団体もあり
   ます。
   なお、平成28年12月をもって営業を休止していた「山荘京ヶ岳・フォークハウス湖畔」は、平成29年4月
   から、日帰り型の交流施設「ビュー京ヶ岳」として再開しています。各種会合・懇親会などで食事などの
   利用が可能ですが事前の予約が必要です。宿泊・温浴及び食堂の営業は休止していますので、ご注
   意ください。予約・お問い合わせ先は「NPO法人清里まちづくり振興会」(電話025-529-1218)です。

Q7 団体で利用したいのですが、どんな手続きをとればいいのですか。

A7 星のふるさと館を利用したい日が決まりましたら、このHPの「予約状況」をクリックしてみてください。す
   でに団体が入っていましたら避けていただけると助かります。しかしどうしても無理な場合は、ご相談く
   ださい。活動内容等については、Q4を参照してください。
   電話で仮予約の後は、来館日1週間ほど前までに、「施設利用申込書」や宿泊の場合「宿泊申込書」
   減免に該当する場合には、「減免申請書」を、学習室(和室30畳)及び天体観測ドームをグループで占
   用する場合には「利用承認申請書」をFAX(025-528-7237)か郵便で館まで送ってください。
   小中学校で授業や部活動で利用される場合の減免申請書の代表者氏名は、校長先生にお願いします。

Q8 身体障害者用の設備はありますか。

A8、施設・設備をしておりません。ただ階段には、手すりは付けてあります。トイレについても車いすの利用
   は可能です。 ただ車椅子は、館には用意しておりません。

Q9 最近夕方(明け方)に見えるあの明るい星は何ですか。

A9 明るい星はよく目立ちます。誰もがあの星は何という星だろうと疑問に思います。電話でもお答えし
   ますが、このHPの「今月の星空」をクリックしてみて下さい。見える方向や明るさ、星座の位置等を
   紹介しております。